スポーツの秋、芸術の秋、オカメインコの秋!(o^∇^o)ノ

怪我(ケガ)について

ペーパークラフトのオカメインコ

怪我の種類

ケージの外に出ているときに事故が起こりやすいので、手乗りオカメインコさん、要注意ですよ!

  • テレビの裏側に落ちて、首に配線がからむと、窒息します。
  • さらに、狭いスペースに落ちた場合、翼を広げられず、這い上がってこられなくなると、ケガをしたり、放置されたまま空腹で力尽きたりします。
  • ドアにはさまれて圧死、というのも、他のインコ同様に多い死因です。

その他、骨折やヤケドなど、すべては飼い主の目の行き届かないところでの事故です。飼い主がオカメの方に集中できない時間帯は、放し飼いをせず、オカメのお部屋(ケージ)の中にいてもらった方がかえって安全なのです。

https://xn--eckld7ayrzd.com/wp-content/uploads/2008/01/e6a3736c7674ce63cb56e58dd64c5377.png
メカオ君

たまに知らないところまで探検しちゃうめか

オカメパニック

オカメインコは、基本、臆病な鳥さんです。

ちょっとした物音にでもビックリして、大げさに騒いじゃうので、これを「オカメパニック」と呼んでいます。

視界に飼い主が急に姿を現すだけでも、オカメパニックになります。

なので、常に言葉をかけながら、オカメインコを思いやってあげてください。

特に地震の際には、「ミシミシミシミシ」と家屋が鳴り始めるので、オカメインコの冠羽が90度以上に立ち上がり、緊張と恐怖心はマックスになります。そして、本格的に揺れ始めると、ケージの中でバサバサと飛び始めます。いくら大きめのケージであっても、翼を広げながら、止まり木の間をバサバサと暴れるので危険。十中八九、流血の現場になります。

出先から帰ってきて、血が混じった羽が散乱していたら、地震があったのかと分かることもしばしば。

外で遊んでいるときにオカメパニックを起こすと、事故の原因になりかねませんので、目の届く範囲で放してあげるようにしましょう。

https://xn--eckld7ayrzd.com/wp-content/uploads/2019/08/balloon_P_200x200.png
ピクオ君

パパがいつもと違う新しい服を着ただけでパニクるぴく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です