スポーツの秋、芸術の秋、オカメインコの秋!(o^∇^o)ノ

オカメインコ診察:腹壁ヘルニア~Cockatiel with More Than Hernia 191010 #1

本日ご紹介するオカメインコ動画は『オカメインコ診察:腹壁ヘルニア~Cockatiel with More Than Hernia 191010 #1』です↓↓↓

動画ステータス

再生数:283473回(当記事公開時点)

高評価:704件 / 低評価:134件
(※評価が非公開の設定の場合は0件と表示しています)

動画公開日:2010-10-20 08:03:21

投稿者様チャンネル名:Ross Perry

動画の説明文

Get connected with Dr. Ross Perry, check details below:
Email Address: drrossperry1@gmail.com
Contact No.: 0419693279
Dr Ross Perry Books: http://bit.ly/DrRossPerrysBirdBookStore
Subscribe on YouTube: http://bit.ly/DrRossPerryYouTubeVideos
Facebook Page: http://bit.ly/DrRossPerrysBirdVetPage
Google+: http://bit.ly/DrRossPerryGoogleplus

Clinical examination of Misty, a cockatiel with an abdominal lump. The cockatiel is found to have an abdominal hernia, probably secondary to chronic oviduct disease and randy bird syndrome. Dr Ross Perry discovers she also has a cere abscess, chronic air saculitis and respiratory disease, probable psittacosis/ chlamydia infection, severe chronic bumblefoot, diarrhoea and signs of Psittacine Beak and Feather Disease PBFD.


本日のオカメインコ動画『オカメインコ診察:腹壁ヘルニア~Cockatiel with More Than Hernia 191010 #1』は役に立ちましたか?

このオカメさんを保護した方がロス先生の診療所に連れてこられたそうで、初見での診察を動画にしたものです。下半身からブニュっと飛び出た部分が気になりますが、腫瘍(tumor)でも癌(cancer)でもなく、腹壁ヘルニア(abdominal hernia)という症状だとのこと。メスの場合、抱卵時のストレスや卵管の病気等で内臓や卵管を支える腹筋を傷つけてしまうことで腹壁ヘルニアが生じるそうです。卵管抽出等の危険な手術もありますが、本来の生体機能を取り戻す方向での安全な処置が可能だと思うと述べていらっしゃいます。足には趾瘤のような皮膚炎が見られ、尾腺(皮膚腺)の異常と関連があるかもしれないので、これから血液検査等を行うということでした。

その他、字幕機能をオンにして日本語訳を表示させると大意がつかめると思います。

聴診器を当てられるところが可愛くもあり痛ましくもあります。

ぜひ直接、動画ページに飛んで評価してあげてくださいね。

それでは、また明日をお楽しみに♪

(o^∇^o)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です