スポーツの秋、芸術の秋、オカメインコの秋!(o^∇^o)ノ

オカメインコの品種名

オカメインコの品種

品種の名前について

オカメインコは、模様と色によって「グレー系」と「色変わり系」に大きく分けられます。

2種類の色素が突然変異することで、いろんな品種が決まります。
その2種類の色素とは、メラニン色素リポクローム色素です。

メラニン色素は、グレー茶色を決めています。
リポクローム色素は、黄色オレンジ色を決めています。

また、オカメインコの品種は、3つの部分を組み合わせて命名されています。

①顔の色・模様
②体の羽の色
③体の模様

たとえば、「ノーマルパイド」「ルチノーパール」「ホワイトフェイス・シナモンパール」のように呼びます。

しかし、販売店や研究者・学者さんによって、さまざまな呼称が存在しています。
たとえば、今わたしの肩にとまっている白オカメ

https://xn--eckld7ayrzd.com/wp-content/uploads/2008/01/e6a3736c7674ce63cb56e58dd64c5377.png
メカオ君

ルチノーとも呼ばれていま~す

それでは、これからオカメインコの品種名を見ていきましょう。

①顔の色・模様で分類した品種名

  • ノーマル(Normal)
    ……黄色い顔に、オレンジ色のチークパッチ(丸い頬)。
https://xn--eckld7ayrzd.com/wp-content/uploads/2019/08/balloon_P_200x200.png
ピクオ君

ボクの顔ぴく!

  • ホワイトフェイス(Whiteface)
    ……チークパッチのない、白っぽい顔。
ホワイトフェイス
  • イエローフェイス(Yellowface)
    ……黄色い顔に、赤みのないチークパッチ。
  • パステルフェイス(Pastelface)
    ……黄色い顔に、ノーマルとイエローフェイスの中間の薄いオレンジ色のチークパッチ。

②体の羽の色で分類した品種名

  • ノーマルグレー(Normal Gray)
    ……濃いグレー。オーストラリアの野生オカメインコの原種がこれで、「並オカメ」とも。
ノーマルグレー
  • ルチノー(Lutino)
    ……白~薄い黄色(クリーム色)。目は赤目。「白オカメ」とも。
https://xn--eckld7ayrzd.com/wp-content/uploads/2008/01/e6a3736c7674ce63cb56e58dd64c5377.png
メカオ君

ボクの種類めか!

  • シナモン(Cinnamon)
    ……薄い茶色(シナモン色)。
  • ファロー(Fallow)
    ……シナモン色で赤目。高価なので、ほとんど輸入されていません。
  • シルバー(Silver)
    ……薄いグレー(ライトグレー)。
  • プラチナ(Platinum)
    ……薄いスモーキーグレー(プラチナ色)。オーストラリアで採用されている名称で、実際はシルバーかシナモンに分類されてしまいます。
  • オリーブ(Olive)
    ……グレーと黄色が混色したオリーブ色。エメラルド(Emerald)とも。
  • アルビノ(Albino)
    ……全身が真っ白。無地。赤目。2種類の色素はどちらも入っていません。
  • スノーホワイト(Snow White)
    ……全身が真っ白。無地。目が黒目。ピュアホワイトとも。

③体の模様で分類した品種名

  • パイド(Pied)
    ……グレーやシナモン色が、不規則なまだら模様となって現れているもの。
パイド
  • パール(Pearl)
    ……グレーやシナモン色が、一定のさざ波模様となって現れているもの。
パール
  • パールパイド(Pearl Pied)
    ……パイドのグレーやシナモン色の部分に、パールのさざ波模様が現れているもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です